バンコクの歯科医療

タイの首都バンコクは、世界で最も多くの日本人が住む都市の一つです。バンコクには、およそ4万人の日本人が住んでいる言われています。

近年は日本人歯科医の常駐する歯科医院をはじめ、日本語通訳を常駐させている歯科医院等、バンコク在住日本人向けの、歯科医療サービスも充実してきています。

外国で歯科治療を受けるときに、気になるのが、安全と治療の質、また治療費。

この点、バンコクで歯科治療を受ける場合は、どうなのでしょうか?

[安全]

日本の場合、多くの治療が保険の適用される範囲内で行われますが、社会保険の無いタイは、全ての治療が自費で行われるので、費用のかかる分、歯科治療にはそれなりの結果が求められます。

安全面に関しては、日本人向けのサービスを提供している、高級な部類に入る歯科医院であれば、全般的に日本と変わらない安全、衛生規準が期待できるのではないかと思います。

[歯科治療の質]

バンコクの歯科医療の質についてですが、物価の安いタイにおいて、全額自己負担でタイ人にとっては、とても高額な治療費を支払って、歯科治療を受けることになるので、歯医者さんもそれなりの責任感と覚悟をもって治療に取り組んでいるのが一般的な様です。

タイでは高所得者と、低所得者で受ける医療の質が大きく異なりますが、高所得者向けの歯科医療は、日本や欧米等の先進国と遜色のない治療が行われています。

タイ人の医師も外国で医学を学んだ人が多いようですので、歯科医療の質については、まず安心して良いのではないかと思います。

[治療費]

日本では社会保険が適用されるので、歯医者さんを訪ねて支払いをする際に、本当の治療費を知ることはありませんが、保険でカバーする部分を含めて治療費を比較すると、バンコクで受ける歯科治療がとても割安であることがよくわかります。

特に日本では保険適用外になる種類の治療は、その割安感はさらに強くなります。(上質のクラウンをか被せたりする治療や、インプラント治療、歯のホワイトニング、歯科矯正等は、日本では全て保険適用外です。)

バンコクの歯医者さんで、歯科治療を受けて大丈夫?

タイの首都バンコクでは、日本国内と同等、もしくはそれ以上のレベルの高い歯科治療を受けることができます。

特に保険適用外の歯科治療は、一般的に日本で治療を受けるよりも安い場合がほとんどです。

バンコク市内には、日本語サポートを提供する歯医者、歯科医院は10箇所以上もありますが、日本国外にあってこんなにも選択肢があるのには驚かされます。

バンコクの歯医者さん、歯科医院は、スクンビット通りの特に日本人の多く住むエリアに集中しています。BTSアソーク駅、プロンポン駅、トンロー駅周辺には、数多くの、日系、もしくは日本語の通じる歯科医院があります。

バンコクの歯医者さんは、基本的には在住者向けのサービスをベースにしていますが、近年は歯科治療のみを目的に、バンコクを訪れる人(医療ツアー)も増えているので、日本国内から訪れる患者さん獲得のため、日本に向けたマーケティングに力を入れている歯科医院も出現してきています。特に保険適用外の治療においては、その治療費が高額であればあるほど(インプラントや口腔外科治療、上質のクラウンを使ったホスコア治療等)、日本との価格差が大きくなるので、治療費に旅費を加算しても、結果的にバンコクで歯科治療を受けた方が安く済む場合があります。

医師の質、治療の質も、合格点の出るレベルにあると思われます。私自身、バンコクの歯医者さんと話す機会を得て、色んなお話を伺いましたが、日本の歯科治療の現実を知らされ、自分が日本の歯科医療について過信していたことに驚き、また、タイの歯科治療レベルは、意外にも上質であることを知りました。

日本のトップレベルの歯科治療と、タイのトップレベルの歯科治療を比べたら、それはおそらく日本の方が上でしょう。しかし、日本のトップクラスの治療はその多くが保険外の高額治療となり、そのような高額の治療を受けられる人は、日本国民のほんの一握りでしかありません。私のような一般人には、残念ながら縁の無い世界です。しかしながら、日本の4つ星クラスの歯科治療は、タイで受診することがで可能です。日本の街中の歯医者さんで行う治療は、3つ星程度(全てではありませんが。)、4つ星クラスの歯科治療はなかなか受けられるものではありません。